ブログランキング
ア日記:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

my dear


私の友達の中で、浮気性と言うなの病気にかかっている女性の方がいます
浮気…ダメ絶対って、昔の自分なら言っていたと思うんです…
っていうより、表の顔では否定してましたが、歳を重ねるにつれてか
特に否定しなくなってます、自分の中では。
浮気をすることが良い、とは思いませんが「仕方ない」と思うようになってますね、この歳にもなると←

結婚してるとなるとまた話は違ってきますが、ただのブランドである「彼氏彼女」の間柄なら
結婚と言う「契約」の中で浮気すれば「契約違反金」がついてくるので、普通はやらないと思いますけどねw

そんな浮気性は彼女は結婚してません
その「クセ」を治すのに「結婚すれば?」とも言ってみましたが、多分無理でしょうね。



何故浮気症と言う病気になってしまったのかは、自分には分からないんですが
普段話してる内容やその人の性格からして、過去のトラウマとでもいいますが
「愛」ってモノの捕らえ方が世間一般でいう「常識」とは違うのかな?と思っています。
かといって「常識」の愛を語れと言われても自分には無理ですが←

こんな言い方するのもあれですが、幼少の頃から思春期までに親から与えられた「愛」が歪んでいればいるほどその子の愛も歪んでいくと言いますか…
女性の場合では父親から、男の場合は母親からの「愛」によって人の愛し方、愛され方を覚えるんだと自分は思ってます。

この話からの流れだと、父親からの愛を知らない女性は恋愛音痴になるのかな
そーなると・・・捕らえ方ってより、愛し方や愛され方を知らないって方向になるんですかねw

こーゆー結論だすと、治す方法が思いつかないのでどうしようもないですね(´・ω・`)
本人も言ってますし、私も思うんですけど彼女の浮気症は治らない病気なんだと
治し方が分からない病気なんだとほぼ確定してます。



彼女自身も、浮気している事で発生する嘘や心配事に悩まされているみたいです
「浮気してるクセに悩むなよ氏ね」って言えればどんなけ楽なのか
でも、その浮気症を治そうと必死で悩んでいる彼女を蹴っ飛ばすわけにもいかず話を聞いてあげてます。

他人に何か言われるのが嫌なら隠し通せ、嘘で吐き通せ、それが出来ないのなら浮気はするな。
浮気なんて自己満足であって「自己責任」、見つからなければそれで終わってしまうけど、交際相手が知ってしまえば今の自分が悩んでいる以上に恋人が悩み苦しむ事になる。
こんな当たり前の事知っている上でやってしまう彼女の浮気症は本当に病気なんでしょうね。

自分には彼女を止めれる力も何もありゃしないんですよね
ただ話を聞いて、否定してやることしか出来てません。
今のところは…



自分は、彼女に対して甘いのか面倒なのか分かりませんが
きつく言ってあげる事が出来ないし、深く意味を込めて語りかける事も出来ません。
お互いの事が分かりきっていて、説明しなくても分かるからなのか
実はある一定の距離を置いて接していたからなのか、最近になって彼女に対して接してきた立ち居地がどっちだったのか分からなくなってます。
だからと言って見放している訳では無いのですが…

今回の一件で、改めて今の自分が持っているモノが昔と違うんだなって思いなんとも煮え切らないまま終わってしまってます。



そんな感じで4、5年振りに書いてみましたが…
やっぱ相変わらずだったみたいです(´・ω・`)









聞いて 世界中が過ちに穢れていても
君へつないだ手はいつまでも離さないから
たとえこの想いさえ…嘘に思われても
それだけは信じて良いよ




2015年2月12日執筆
時として人の気持ちは変わる
それを自分自身で感じることになるとは思ってもみませんでした。
スポンサーサイト

ふと思った事


いや、なんて言ったらいいんかな…

生きて行く上で、何かしら関わりを持って…
その人の事を知りたくなり、気が付けばその人の事以外考えなくなる…
まぁ、久しくそんな気持ちになった事無いんですがw

でも、最近になってからか見守る愛を覚えた気がします(遅
まぁ、正しく言えば自分にブレーキをかけれるよぅになった。

人を好きになると、どーしても追い掛けてしまうタイプでして…
そのつど周りに迷惑をかけていた記憶もあるけど、まぁそれも若かったのかなぁ~と。


去年の暮れに、思ってもないところで知り合い…
今では欠かせる事の出来ない存在が居ます。
人として凄く素直で、こっちの方が年上やけど見習うところがある、そんな存在…

好きなのかな?って思った事もあったけど、色々話合っていく内に届かない存在と知り、今ではその子の未来を見守ってる日々です。


正直、好きな気持ちって色々あると思うけど…
どことなく自分の中で結論を出すクセは治ってないみたいで…
もしかして走ってみたら叶うのかもしれない…
もぅ、そぅ思う事が無くなりました。

逆に、その子の今を奪ってまで幸せに出来るほどの力量も無いし、一番想って見つけた答えは…
その子の未来を見守る事かなと…

ただの、自分に自信の無い言い訳に過ぎないかもしれない、けど出来ない事を無理にするだけの時間も残されてないしね…



「自分のモノにしたいって思うのは本当の愛じゃない
どーしたらその人が幸せになるかと想うのが本当の愛」

やっと、言葉の意味が分かった気がします…


ア日記 時を刻み嗣より





今日、ある人と喋っていた中で
ふと、人に諦めろといっている自分が
一番答えを出せてない事を気付く…

君も気付く時が来るさ…

これしか方法が無いって…


2009年11月1日執筆
今では逆に勘違いで取りこぼせば勿体無いのでとりあえず走りますねw

魔法の言葉

色んな事が一気に押し寄せてきて、今の自分でも何から始めたらいいのか…
何が、どんな道が正しいのか…
色んなモノに囲まれだしたアニキですこんばんは(´・ω・`)




至って最近、また色んな人から相談受けはじめてるんですが…
色々喋ってると面白いですよね。

まぁ、「言葉」って不思議なモノで
言葉に色んな意味がある中から、相手が何を考えてるか

人に相談を受ける私は、言葉…ってか言葉回しから相手の気持ちを見つけだし反応するよぅにしてます。

相談内容にもよるんだけど、上手く伝えられない人や、言いたい事が整理されてない状態とかで受けたりもするんで…

簡略的にって言ったら聞こえは悪いけど、ちょっとした発言からでも対応出来るよぅに、何通りかの「言葉」に対する返しを持って受けます。


後は、どれだけ相手に心を開かせるか
正直に言ってくれたら話は早いんだけど、どうしても自分の奥底の言葉まで出して相談する人って居ないと思うのね。

恋愛相談とかに良くあるんだけど、自分がやりたいと思ってる事と全く違う話を持ちかけて
少しでも可能性を足しにしたいような話、ってか質問をしてくる人のが多い気がします。



最近、間に挟まれて相談されたんだけど

「理由も分からず八つ当たりされてる」って男友達から言われて…
男の方からしか話聞いてないから、女の方にも聞いてみたのね。

で、なかなか本当の事言ってくれないし、自分の気持ちを伝えてくれないから
罠をしかけたって悪い言い方やけど、軽く責任を押し付けてみたのね。

一種の賭けみたいな感じで、全て否定したよぅな言い方したかな
んじゃ、ちゃんと答えてくれたの。


「片方だけの話しか聞かないで、私だけが悪いみたいな言い方されて悲しかった」

って後から言われたんだけど、俺だって両方の話聞かないと、第三者的になにも語れない…
でも、答えてくれないのなら、解決は出来ない。



まぁ、女の方からしたら
「何でなにも分かってないのにそこまで否定するんだ」
ってなってたと思う。
逆上まではいってないと思うけど、少し攻められた悲しい気持ちから、話してくれたような感じというか

そんな気持ちになったから、正直に話てくれたんだと思ういます。



最後にちゃんとあやまったけど、その子に対してはそのやり方しか思いつかなかった結果なんだよね。
人はそれぞれだから、そのそれぞれに対してのやり方があるからね。

まぁ、この話…
ってか、このやり方は俺が得意とする「汚れ役」に近いんで、下手に真似はしないでくださいねw

寧ろ、冷徹な俺だからこその考え方かもしれないし…



まぁ、そんな感じな…
結局自分でも何が言いたかったかよく分からない話になりましたw

久しぶりのア日記でしたw





時として、対するが故に交わらない言葉と心

でも、少しでも思う気持ち

思いやりがあれば、溶かす言葉は誰にでもあるモノなんだよ…



2009年3月21執筆
今思うともっと上手く説明出来たり、纏めれたり出来る気がします。

全てを「0」へ



ある方と話してて気付いた…
ってか…
思ってた事が形になった。


ア日記の主旨は…
分かりにくく遠回しに…
誰かに対して語りかけています。

ハッキリ行って、他人事…
そんなに、他人に対してゆぅ価値がある事なのか…

俺は言える程の人で在るか…
それが分からなくなりました。


自分の欲求を満たす為に…周りを見渡せずに…
目の前だけのモノを追う…

自我の知識だけで人を見下し、貶す事さえも迷わない…

他人の場合は悪とし…
自分の場合は正義とする都合の良さ…

過去の過ちを…
他人の責任にすり替える、自分の失敗を認めない臆病者…


今は小さな事かもしれない…
でも、それが大きくなればなる程…
巻き込まれる気持ち達…


それに気付けないなんて…



人はそれぞれの考えを持ち、それを知識として自我とする…
けれど、人は一人じゃない…

人の数だけの自我が或る…
自分の考えだけで纏める事の出来ない場合が或るから…他人を必要とする時が来る…


そんな話を聞き、他人の事に拘り…口を出す俺も悪い…

だけど…
後になって気付いては遅いと思うから、俺は嫌な奴にでもなろうと思ってやってきた…


それが、余計なお世話だったのかもしれないと…
思えてしまう…

「今」起きている現実を見てると…


だから暫らく、他人の事に挟まれないように…
おとなしくしたい…



「全てを「0」へ…」より





あの時、全てを壊した…

けど、幾度時が経とうとも変わらないモノは在る。

自分とゆぅ人間が、他人に与える影響なんてたかが知れてるけど…

今、必要な事…
伝えて生かなければならない事…

大切な事が全て欠けたままなら、汚れるしか他に方法はないだろう。



あの時の自分は大嫌いだったけど…

今、出来る事…
ただ、それだけ…









2008年9月18日執筆
所詮は自己満足だけど
他人に頼られ、巻き込まれ、世話していた
でも、最後には用無しになる
そんな悲しさから、一旦全てを0にしました。

それでも頼ってくる人は居る
私があにきと呼ばれる所以
0からのスタートでした

生きたい・・・


分かりにくく…
遠回しに…
敢えて謎の部分を残す事によって、人に考えさせるよぅな形に拘り…


書き続けてきたア日記…


最近知り合った人にはア日記ってなんなのかさえ、さっぱり意味の分からないア日記…



今回、ギリギリまで書き続けて、公開するかものすっごく悩んだけど…
久しぶりに…
ご堪能ください…


ある種一つの纏めです…





今まで生きてきた中で、死にたいと思ったり、過去に戻りたいって考えた事はみんなもあると思う…
自分の置かれている状況や立場が不安定で、悲観的な考えが更に自分を追い詰めていく…
頼れるモノも無くて、改めて自分の存在感が明るみに出る…


そんな時…
死にたい…

過去に戻りたいって…


人間関係について、いくらか書いてきたけど…
自分の許容で埋めれる範囲ならなんとか乗り越える事が出来るだろう…

でも、それが出来る人と出来ない人だって居てる…
その迷いから生じる悲観的な物事が一番辛い、一番影響を受けやすい部分であると思う…

それが孤独であり、今を消してしまいたいと…


人間関係といえば、恋愛面でも言える事…

人は愛し、愛されていなければダメな動物で…
心理的な影響力は時には止める事の出来ない憎しみ変わる事も…



過去…
誰も手に入らないモノであり、決して消せない記憶…
今の自分より、過去の自分に戻りたい…


でも、それは今の自分に失礼な事だと思う…





前振りが過去に書いた事を纏めた形になったのは…
今から魅せる事の、一つの繋がりだと思ってください…





人って…
死んでしまうと、そこから先に進む事は出来なくなります…
それは、周りの人も…

その人の事は、そこまでの記憶でしかなくなる…



1ヶ月程前に、亡くなった人がいます。
俺が知っているだけで約二年、ずっと病院の中に居てたと思う…

別け隔てもなく、話ているうちに仲良くなったよぅな感じの友達でした。



聞いてもいないのに、やたら自分の事を話すような…
その時から彼女は、死ぬ事が分かってたんだと…
今になって思えてしまう…



距離的に、そんなスグに行けるよぅな場所でもなく…
もっと会いに行ってあげればよかったかな…


まぁ、そんな中…
今日、俺宛に書いていた手紙が見つかったらしく…
遅い時間にも関わらず、身内の方が届けてくれました。


今スグにでも読んで欲しいと…





「アニキと出会えた事が、自分の人生を変えてしまうかのよぅな…
そんな出会いだった気がします…

私のくだらない話を気にもせず聞いてくれて…
時には、死にたくなった私を本気で怒ってくれたり…

今まで生きてきた時間の中で、一番素敵な思い出を貰いました。


生きたいです…
死にたくない…
この先もアニキとの思い出を作って行きたい…


でも、もぅ叶わないかもしれない…


最後に…
アニキの事は大好きでした。
過去系にしてた方が辛くないでしょ?(笑)


ありがとう… 」





死んだ先には何も残らない…
俺は、何もしてあげる事は出来ない…
けど、みんな今を生きてるんだ。


死にたいと思う事…
逃げたいと思う事は誰だってある。

でも、そーやって自分で自由を奪う事は無い。

俺たちは生きて行かなければならないんだ…
どんな事があっても…

誰か必要としてくれてる人が一人でも居る限り…





最後に…
アニキがあんな事ゆってたなーって思ってもらえれば嬉しいです。

死ぬ事を考えるぐらいなら…
俺の所へ来い…









2008年5月26日執筆
あの日で時間は止まったままです

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。