ブログランキング
ア日記: 2014年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガキ



俺達若者はみんな幼稚で子供っぽい所がある。

その原因の一つとして大人や老人と接しないからだと思う。

赤ん坊は大人と接して色々覚えて行く、しかし子供達は中学、高校へ入った頃から大人達を遮断して自分達だけの世界にこもってしまう。

大人も悪いと思う。
みんな大人の仮面をかぶって若者に威圧的な態度で接してくる…
自信が無いんだろね…
だから威厳や年上の衣を着ていないと若者に接する事が出来ないんだ。





さぁ、長い前振りでしたが…
アニキの友達で、お水をしてる子が何人か居てます。

もち、店で知り合ったんじゃなくプライベートで知り合ってんで(○_○;)


だいたいの子が、年令の違いを感じさせないぐらい考え方が大人なんです…まぁ、中にはバカな子も居てますが…
俺の方がガキじゃないかってぐらいすごいです。


ある子が言いました。
「毎日おっさんとばっかり喋ってたら考え方も変わるでぇ~
まぁ、その為にお水してるようなもんやけどなぁ~
同じ年の子らと喋るのと得るものが違うもん。」

当時、アニキが23歳でその子は20歳だったんですが…ハタチと思えないぐらい、下手したら30歳ぐらいの人と付き合いしてるような。

俺の方が三年長く生きて来た事よりも、それ以上の経験や、得たものの数が違いました。
その時は何も思わなかったけど、「今」になって年上や大人の人達との付き合いの重要さが分かった気がします。





ア日記
「俺が出来なかった事を君達へ…」
より


昨日も…
なんかそんな話してて…

学生時代に、クラブ活動や帰宅部活動(笑)がある中…
先輩後輩って上下関係を体験してきた人が多いと思うけど、それを経験してきてない子っていてますやん
してきた側からすると、所謂世間知らず…みたいな。

その子達からすると、「会社で…」ってなるかもしれんけど、会社や職場である上司との上下関係と、学生の頃に経験してきたモノとは全く別物のような…
その子達との違いを感じる時点で、違うモノやと…思われ。


昨日話してた事も上と同じで…
同じ年の子が、ガキに見えると…

まぁ、気持ちは分かるけど…
アニキからしたらそんな事で悩んでるのもガキやと思うけどな


俺的に思うに、ようは許容範囲の問題で…
自分の考えが大人びてて、意見の違いや、言い方の違い…
感じる事の違いがあれど…
それを、押し付けるようなやり方では伝わらない。

その人との違いを知った上で、屋根からモノ言うのではなく…
自分を砕いて、同じ目線で話してあげる事も必要やと思う…

そこで付け上がるバカな相手なら、必要は無いけどね…


上手く言えんけど、同じ年の中での違いを感じる差が如何せん中途半端な所が問題やね
差が、近い訳でもなく、離れすぎてる訳でもない…
その中での扱い難さが、迷わしてる部分なのかもしれない…

ある意味、何かに気付ける事への転機かもね



俺も…
ある部分ではガキやし、年上の某おねぇ様に「大人やな…」って言われる部分もある。

人それぞれが感じてきた感性の違いに、差はあるモノやから…
その部分を見極めて、違いを埋めて行けるのが大人の考え方だと、アニキは思います…








2007年4月29日執筆
基本的に、前フリとして過去の日記からの文を持ち出してそれに話を繋げていくような
そんな手抜き手法が当時流行りました(自分の中で)
スポンサーサイト

縛られた時の中で・・・



「あなたにそんな過去があっただなんて…」





昨日…
ある事があったのでそれをテーマに書いてみようと思いました。
これと言って、前振りはイメージです



人が生きてきた中で、それぞれの過去がある…

その中でも、
人に言えない事や…
犯した過ち…
様々な過去が。
それを誰かにゆった事で、今の自分が無くなってしまう事さえも…

まぁ…
大半は、聞かれなければ言わなくていいのかもしれない…
あたしだって言えない過去の一つや二つある訳で

でも…
それを言わなければならない時もあり…
それを受けとめなければならない時も…

話にもよるけど…
だいたい、こんな話になってる時点でショックを受ける話やと思いますが

その話をする時って、隠し事をしたくないとか…
全て見て欲しいって気持ちで話す訳で…

受け入れる受け入れないは人それぞれあるけど、話す方はかなりの勇気が必要になるよね…



受け入れてくれたからって話が終わる訳じゃないけど、受け入れられない場合…
その人との関係が終わってしまう事さえも…

受け側も…
それを誠意として飲み込むのか…
自分の許容範囲ではない為に、関係を切らざるおえなくなる事も…









あるグループの中でのアニキは、結構謎に包まれてる風に見えるらしいけど…
それは君達が聞いて来ないから



まぁ…
聞かれた所で…
受け入れてくれるかどうかは、分からないけどね…









アニキの立場的にそぅゆぅ、急なカミングアウトをされる時が多々ある訳ですが
実際、全て受け入れてきたと思ってます。



勘違いかもしれないけど、俺はそれも包容力だと思う。
否定は誰だって出来る…

でも、それを受け入れてあげたなら、上手くはゆえんけど…
自分の中でも何かが変われる気がするし…










「過去」に拘る理由…
それは、今の自分が否定される恐れがあるから。

でも、そんな色んな過去があったから…
捨てて来た時があるからとかじゃなくて…

それが在ったから、今に出会った人達も居てる。
それが無ければ出会ってないような人達に…



そう思ってみれば…
今の自分を、少しは好きになれるんじゃないかな…





時計の針を戻す事は出来ない…
でも、進ませる事は出来るんだから…









2007年4月17日執筆
当時、改行で文の区切りを表してましたが今見るとうざいので多少変更しましたw

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。